平尾大楠保育園から

こんにちは

日に日に寒さが増してきましたが、風邪などひかれていませんか?

平尾大楠保育園のみんなは、寒くなってもへっちゃらです!!

毎日元気いっぱい、楽しく過ごしています

「すべりだい楽しいよ~!」と、何度もすべっています

イルカに乗った少年

 

よ~いどん!  誰が1番かな~??

雨が降った日には、室内で楽しく過ごしていますよ

粘土遊び・・・何を作ろうかな?

見て!へびさん作ったよ!!

 

ボールプールで遊びます

 

ごろ~ん・・気持ちいいな~

 

 

晴れの日も、雨の日も、みんなで楽しく過ごしていますよ

これからますます寒くなっていくので、体調管理をしっかり行っていきたいと思います。

小笹長丘保育園から

10月になり日に日に気温も下がってきてようやく秋らしくなってきましたね。10月22日(土)にもーもーランドにて小笹長丘保育園の親子遠足を開催しました。

遠足前日の21日(金)から天気が崩れて、雨が降ってきて天気予報でも雨マークでした。そこで金曜日の保育の中で明日雨が止んでくれるように、みんなでてるてる坊主を作ってみました。最初は広告紙をビリビリとちぎったり、丸めたりして遊んでいき、片付けのとき広告紙を白いビニール袋にみんなで集めて、ビニール袋を結んでてるてる坊主の顔と体が出来ました。最後に顔を描いててるてる坊主の完成です。お部屋にぶら下げて、みんなで雨が止むようにお願いをしました。

 

そして、遠足当日の朝、てるてる坊主効果か、雲一つなく快晴とまではいきませんでしたが、雨は止んでなんとか遠足が出来る天候にまで回復してくれました。もーもーランドに現地集合だったので、全員が集合するまでの間も雨が降っては止んでと不安定な天気が続きました。雨が降ってもいいように広場の大きな木の下にシートを敷いて場所取りをしました。そして10時になり参加者が全員集合して、いよいよ小笹長丘保育園の親子遠足の始まりですicon_biggrin.gif

まず最初は牛の乳搾り体験に向かいました。牛舎までの道中にたくさんの牛がいて、本物の大きな牛にみんな大興奮でした。柵にしがみついてうれしそうに牛を観察しているお友達もいました。

牛舎に到着すると、ちょうど牛が牛舎から出てきて目の前の牛に大騒ぎ!みんな怖がって近づかないかと思っていると、怖がるどころか牛の頭を撫でたり、触ろうとしたりと大興奮していました。

 

いよいよ乳搾り体験の時間です。お父さん、お母さんと一緒にしましたが、低年齢児のお友達はさっきまであんなに牛に触れていたのに、柵がない目の前の大きな牛に少し怖がる姿もありましたが、初めての体験に終わった後はニコニコしていました。高年齢児のお友達は怖がることもなく楽しそうにしていました。保護者の方も初めて乳搾りを体験された方もいて、子どもよりも興奮されている方もいらっしゃいました。

次に向かったのは、馬や羊などたくさんの動物がいる場所にいきました。たくさんの動物にみんなどの動物を見ようかあっちこっちと大忙しでした。きれいなお花畑もありみんなとっても楽しんでいました。

 

たくさんの動物とお別れをして次は乗馬体験ができる場所にいきました。乗馬体験は年齢制限があり低年齢児のお友だちは出来ませんでしたが、高年齢児のお友達やお姉ちゃん達が乗馬体験をして、その間側の小さな広場で遊びながら過ごしました。お友達は疲れ知らずで元気に遊び回っていて、保護者の方はベンチに座ってちょっと休憩タイムでした。乗馬体験をしたお友達は大きな馬に乗りましたが、怖がることもなくとても楽しんでいました。

 

乗馬体験を終えた後広場の方に戻りました。本当ならレクレーションでゲームなどをするはずでしたが、時間と天気の関係でお弁当を食べることにしました。みんなシートに座りお母さんの手作り弁当を見て、待ちきれない様子でした。みんなの準備ができました。「いただきまーす」元気な声と同時にお弁当をパクパクと食べ始めたお友達。やっぱりお母さんの手作り弁当が一番ですね。遠足でみんなと食べるとさらにおいしくなりますね。

 

  

おいしかったお弁当を食べ終えると、がんばって歩いて楽しんだお友達に、保育園からおかしの詰め合わせのプレゼントがありました。その後は自由時間としておかしを食べるお友達もいれば広場の遊具で遊んでいるお友達もいて、みんな楽しみながら過ごしました。

 

 

そしていよいよ遠足も終了の時間となりました。最後にみんなで集合写真を取り無事遠足が終了しました。片付けを済ませて解散と同時に雨が降りだしてきて、本当にてるてる坊主が小笹長丘保育園のお友達がいつも良い子にしているので、お願いを聞いてくれたんですね。

 

 

最後にもーもーランドといえばソフトクリームです。遠足終了後おいしそうに食べているお友達を発見しました。みんなとってもいい笑顔で食べていましたicon_redface.gif

 

遠足に参加出来なかったお友達もいましたが、本当に思い出に残る遠足となりました。参加して下さった保護者の皆様、本当にありがとうございました。

小笹長丘保育園から

10月になり朝晩は冷え込むようになりましたが、日中は陽射しが強いとまだまだ汗ばんでしまいますね。小笹長丘保育園ではお天気が良い日は公園で遊んだりお散歩をたくさんして過ごしています。お天気が悪い日は戸外に出られないので、製作をしたりしています。10月の製作はにじみ絵で、とんぼを製作してみました。

まず最初に水性ペンで和紙に絵や模様を好きなように描いていきます。高年齢児のお友達はいろいろな色を使い上手に絵を描いたり模様も考えてきれいに描いていました。低年齢児のお友達はなぐり描きでしたが、みんなで水性ペンを交換したりしながら描いていました。

 

  

和紙に色付けが終わると、次は絵具の筆を使い和紙の模様を変化させていきます。いつも筆には絵具を付けて描いていくのに、今回は水だけを筆に付けて和紙に塗っていったので、低年齢児のお友達は最初不思議そうな顔をしたいましたicon_eek.gif和紙に水を浸み込ませていくと、あら不思議!きれいに描いた絵が少しずつにじんでいき、いろいろな色が混ざりあって素敵なにじみ絵が出来ました。

 

 

出来上がったにじみ絵を乾かして、先生がとんぼの羽の形に切ってくれて、とんぼの胴体に貼り付けていきました。最後にとんぼの目を描いてとんぼの完成です。みんなが製作したとんぼは小笹長丘保育園の壁一面に飛び回っていますicon_biggrin.gif

綺麗なにじみ絵になりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなとっても綺麗なとんぼが出来上がりましたね。これから秋らしい製作やクリスマスに向けての製作などたくさんしていくので楽しみにしていて下さいねicon_razz.gif

 

平尾大楠保育園から

こんにちは

10月15日(土)に、親子遠足が行われました!!

場所は空港が近くにある「東平尾公園」♪

みんな、遠足の日を楽しみにしていました。

けれど、遠足前日に雲行きが怪しくなり、雨が・・・

子ども達が楽しみにしていた遠足が、このままでは中止!?

不安になりながらも、明日はきっと晴れる!と信じ、みんなでテルテル坊主を作りました!

「明日、天気になりますよぉに」

子ども達は一生懸命、お空にお願いしました☆

願いが届いたのか・・・、遠足当日は雨が上がり、明るい曇り空!!

予定通り遠足を行うことができました♪

レクリェーションでは、2グループに分かれて魚釣りゲームを行いました!

これは、ただの魚釣りゲームではありません^^

魚の裏にはお題が書かれていて、そのお題のものを借りてくるという、借り物競争になっています♪

最近、おもちゃの貸し借りをする時に「貸して」「どうぞ」が上手に言えるようになってきた子ども達・・・

その姿を、保護者の方にも見ていただき、成長を感じ取っていただけたらな・・という願いを込めて企画しました!!

競争ということもあり、みんなはりきっていました♪

~レクリェーションの様子~

ゲームを頑張ったご褒美に次は、おかし釣り♪♪

お菓子を釣り上げて嬉しそうな子ども達♪

早速、袋を開けて中身を見ていました!!

その後は、自由遊び♪

おうちの人と一緒に遊べて、とても楽しそうでした♪

たくさん遊んだあとは、みんなでお弁当タ~イム!!

子ども達から代表で、いただきますの歌と挨拶をしてもらいました♪

みんな美味しそうにお弁当を食べていましたよ

「見て~!!」と見せに来てくれたお弁当♪

ママの愛情がたっぷりです

最後はみんなで写真撮影をして解散となりました

天気が心配されましたが、子ども達や、おうちの方々の笑顔があふれる1日となり本当に良かったです

お忙しい中、遠足に参加してくださったご家族の皆様・・・

本当にありがとうございました♪

 

 

 

小笹長丘保育園から

夏の間、みんなが楽しんで毎日おおはしゃぎしていたプール遊びが8月で終了となりました。そして9月より夏の間控えていた戸外遊びが再開されました。9月に入ってすぐは、まだまだ陽射しも強く残暑が厳しいので、長時間の戸外遊びをすることが出来ず、保育園の周りをお散歩したり公園に行っても木陰で遊ぶぐらいしか出来ませんでした。

お散歩中です
木陰で砂遊び

9月も中旬になって少しずつ過ごしやすい気候になってきて、お天気の日はみんな「今日はお外に行って何をして遊ぼうか?」と登園してからワクワクしながらお友達とお話したりしています。公園に行って大好きなスベリ台をしたりロッキング遊具で遊んだりと、広い公園を元気いっぱいに走り回って、涼しくなってきたのに汗をたくさんかいています。夏になる前は公園までベビーカーに乗って移動していた低年齢児のお友達も、保育士や大きいお友達に手をつないでもらい、公園までがんばって歩いて行くことも出来るようになりました。

スベリ台大好き
ロッキング遊具楽しいな

高年齢児のお友達は鉄棒やなわとびの練習もしています。最初は鉄棒に一人で上がることが出来ずただお猿さんのようにぶら下がることしか出来なかったお友達も、鉄棒に上がり前回りも少しずつ出来るようになってきました。逆上がりの練習も始めて公園に行くと必ず鉄棒の練習をしています。みんな小学校に入学するまでに逆上がりが完璧に出来るようにしたいと思います。

がんばって練習中
これからどんどん涼しくなっていきとても過ごしやすい季節になります。また、みんなが楽しみにしているどんぐりもたくさん落ちてきて戸外遊びが楽しくなりますね。事故やケガに十分注意してこれからの季節をみんなで楽しんでいけたらいいですね。

保育所から

もうすぐシルバーウィークですね。皆さんのご家庭では秋の休日の過ごし方について計画を立ててますか?。また最近では、子育て世代のお母さん方を含め、山ガールや釣りガールなど特に女性のアウトドアスポーツが脚光を浴びているようですが、今日はそのことを踏まえ、お子さんとの休日の過ごし方の1つとして「ファミリー・キャンプ」をおすすめすべく記事を書かせて頂きます。(読者のお父さんお母さん方で、既にキャンプ経験ある達人の方がいたら恥ずかしいので読み飛ばしてくださいね)
私の家でも最近よくキャンプに出掛けています。
キャンプ未経験の方では、キャンプをするとまず「夜お風呂に入れない」と引いてしまう方もいると思いますが、ご心配なく、「お風呂完備、しかも温泉!」というキャンプ場も沢山あります。ここで紹介する最低限、5つくらいのことを知っていれば楽しくファミリーキャンプが出来ると思いますので興味があれば最後までお付き合いください。
ファミリーキャンプをお勧めする理由…
  • 親子で自然に親しめる
    キャンプでの楽しみは、釣りやスポーツ、自然観察や虫取りなど沢山ありますが、中でも晴れた日の星空観察は感動的です。沢山の流れ星を見つけたり、運が良ければ国際宇宙ステーションの軌跡を肉眼で見たりすることもできます。テレビやゲーム漬けの日常から離れてありのままの自然に触れることは、子供たちの持つ本来の感性を呼び覚ます良い機会になると思います。
  • キャンプでの食事はすごく美味しい
    青空の下で食べる食事はとても美味しく感じます。例えレトルトカレーでも普段と違って格段においしく感じます、信じられないかもしれませんが本当に不思議です…。焼き肉やバーベキューならレストランで食べる食事より数倍は美味しく、お子さんも沢山食べると思います。ちなみに私には朝淹れたてのコーヒーが格別に美味しいです。
  • 大人もリフレッシュできる(温泉に入れる!)
    キャンプはお子さんのためというだけではありません、大人がリフレッシュするためも一度は行ってみたいものです。大自然の中で深呼吸すればマイナスイオンが心と体をリフレッシュさせてくれるでしょう。紅葉や桜の季節は特におススメです。
    キャンプについての考え方はいろいろあると思います。(そんなものはキャンプじゃないという達人の方もおられると思いますが、)すべてセルフサービスの温泉旅行のようなものかも知れません。セルフサービスの部分を楽しいと思えるか思えないかが分かれ道だと思いますが、体が元気なうちでないと経験できないことは確かです。
  • 最初に装備さえそろえてしまえば後々家計に優しい
    最初にキャンプ用品をそろえるには費用がかかりますが、一度揃えてしまえばあとは毎回、1家族5000円くらいでキャンプが楽しめます。
  • 緊急時の備えにも
    東北大震災をはじめ、最近各地で頻発していますね、日本が地震国である以上備えは大事です。キャンプ用品を揃えておくと災害時の非常用グッズとしても役立ちます(一旦災害が起こってしまうとキャンプ用品が不足して購入が難しくなります)。こんな時代ですから、キャンプ用品を万が一の備えとして持っていても決して損はありません。また予めキャンプに慣れていれば災害が起こっても慌てずに済みます。その他、お子さんの運動会や遠足、家族でのお花見の時などにもキャンプ用品は役立ちます。
ファミリーキャンプをするなら最低限知っておきたいこと…

紙面の関係上、キャンプ用品の準備などの詳しいことはキャンプ関連の他のサイトを参考にして頂いて、ここではファミリーキャンプをする時に最低限知っておくと困らないのではないかと思うことについて、私の経験から書かせて頂きます。

  • 飯ごうを使いこなすこと
    日本人にとって?飯ごう炊飯はキャンプの成功・不成功を左右する大事なイベントの1つです(笑)。キャンプ場でのご飯炊きは通常お父さんの役目になると思いますが、うまく炊けたら家族から尊敬の目で見られること間違いなしです。でも失敗すると居場所が無くなりますから、もし今まで一度も「飯ごう」でご飯を炊いた経験のない方がいたら、一度自宅のガスレンジで練習しておく事をおすすめします。ポイントは、1に「水加減」で2は「炊き上がりのタイミング」です。
    水加減ですが、とぎ終わったお米に水を入れる際、沈んだお米の1.5~1.8cm上ぐらいまで水を入れます。私はいつも目分量で済ませていますが、2~3合の場合は幸いこの方法で失敗したことがありません。炊きあがったお米に芯が残ると少々修正が難しいため、水加減は多すぎるより、むしろ少なすぎないようにすることが大切です。炊きあがったご飯が柔らか気味であれば、蒸らし加減で調整ができ、それでもだめならお茶漬けかお粥にできます(キャンプで食べるお茶づけはまた格別です、笑)。
    一方、炊き上がりのタイミングですが、お米を炊き始めて7~10分位すると飯ごうから泡や蒸気や沢山出てきます(この時フタが外れそうになったら石などを「重し」としてのせます)。蒸気が出る状態が10~15分続いた後、徐々出なくなって来るので、ほぼ蒸気が出なくなって3分ほどしたら火から下ろします(この時ご飯のよい匂いがします)。火から下ろして飯ごうをひっくり返し(お鍋て炊く時はそのままで)、15分ほど蒸らして出来上がりです。火加減は蒸気が出るまで弱火で、後は最後まで強火です。火にかけてから下ろすまで15~25分くらいです。火加減は少しくらいお焦げがある方がおいしいので、短すぎるより僅かに長めにすると良いと思います。ご飯はお米の量に関係なく原理的には98℃、20分で出来上がります。
    余談:これもお父さんの役目になると思いますが、もし炭やマキで火おこしをしたことがなければ注意点が2つあります。炭やマキを買う時には忘れずに「着火剤」を多めに購入しておきましょう(着火剤は炭やマキに火を付けやすくするもので、いずれもホームセンターで売っています)。慣れないうちは着火剤がとても役に立ちます。また炭を買う場合は間違っても「備長炭」だけは買ってはいけません、備長炭は容易に火が付かないからです。
    飯ごう炊飯を重要イベントと書きましたが、必要以上に心配する必要はありません。日常生活で経験することのないことを試行錯誤しながら進めていくこともキャンプの醍醐味の一つです。
  • テントは少しゆとりのあるものを準備する
    テントを購入する時、家族が寝るスペースだけを考えていると、荷物が置けなくなってしまいます。また小さいテントは何かと使いにくく、もう一度買いなおす羽目になりかねません。最近ではワンタッチで組み立てられ、2つのテント(テント+スクリーンタープ)などを連結できるものが流行っており、お勧めです。キャンプ用品のお店が近くにあれば先ず足を運んでみると雰囲気が分かると思います。でもなければ家族の人数+2~3名余分な大きさのものをネットで買うと良いと思います(ちなみに私はAmazonで買うことが多いです)。
  • ランタン(ランプ)はLED式のものがお勧め
    ランタンとは「ランプ」のことですが、ガス、灯油、電池式…などの種類があります。小さなお子さんのいるファミリーキャンプではガス、灯油式のものは思わぬ事故を招きやすいので、テントの中でも安心して使える電池式のLEDランタンがお勧めです。明るさにもよりますがLED式ならとても明るく、単一電池3本で50~100時間ぐらい持ちます。ランタンは信頼できるメーカーのものを出来れば2個以上用意するようにしてください。ちなみに我が家の場合は4つ(電池式LEDランタン1つ、石油気化式ランタン2つ、ガスボンベ式ランタン1つ)持って行きます。
  • シュラフ(寝袋)の購入には注意が必要です
    シュラフとは「寝袋」のことですが、最低使用温度があります。キャンプ場は意外に夜涼しい(寒い)ところが多いので、簡単な毛布などではNGです(シュラフは必需品です)。山や高原でキャンプをする時には十分温かめのものを選ぶようにしましょう。特に、快晴の日にキャンプをすると、放射冷却で夜に冷え込むことがあるので、寒くて朝まで眠れないということが無いよう、シュラフに書かれてある最低使用温度表示よりさらに5~10度低めを選ぶとよいです。またシュラフには封筒型と体をすっぽりと包みこむマミー型という2種類の形状がありますが、封筒型の方が使いやすいと思います。
  • ビギナーの方は管理が行き届いた温泉付き(お風呂付)のキャンプ場がオススメ
    一泊300円~2000円ほどの費用(管理費)がかかりますが、管理人さんがいて温泉付き(お風呂付)のキャンプ場があります。いろいろなキャンプ用品を貸りることができるので準備不足や買い忘れがあっても大丈夫です。キャンプ場はインターネットで予め評価の高いところを選ぶとよいでしょう。いろいろなキャンプ場がありますが、九州周辺の方なら阿蘇の泉水キャンプ場あたりが良いかもしれません。私の家族もちょくちょく利用していますが、施設内に露天風呂があって快適です(ランドリー等もあります)(最近は少しさびれているようで、この前立ち寄ったら荒れてました。残念)。また各地にある国民休暇村内のキャンプ場も本館のお風呂やプールなどを安価で利用できます。
    ★もし初めてキャンプをされるのであれば、私がイチオシでお勧めするのは熊本にある宮崎県の高千穂にも近い「服掛松(ふくかけまつ)キャンプ場」です。このキャンプ場を一度利用したら、なかなか他のキャンプ場に行きたくなくなります。昔は利用者もそれほど多くなかったのですが、最近はGWやSWでも沢山のキャンパーが訪れています。このキャンプ場はフリーサイトであれば予約が不要で、思い立った時に出かけることが出来ます。それぐらい広いのびのびとしたキャンプ場で、お子さん向けの遊具も充実しています。
キャンプに行くには上記以外にも必要なものがいくつかありますが、また次回(?)紹介させて頂きます。
キッズプレイスのご父兄やOG、OB、職員の方で、ファミリー・キャンプをやってみたいという方がおられましたら、是非一緒に行きませんか?平尾大楠園の井手までお声掛けください。

小笹長丘保育園から

8月も早いもので後少しとなりました。小笹長丘保育園では7月8月とプール遊びや水遊びで楽しんできましたが、お盆明けから少し不安定な天気が続きプール遊びが短時間しか出来ない日が続きました。そこでプール遊びの時間を短縮してプールに入る前にみんなで8月の製作をしました。8月の製作は吹き絵で、夏の風物詩「花火」を描いてみました。

まず絵具を使用するのでプール遊びをするお友達はプールに入る準備をしました。いつも製作の時は服を着たままでするのですが、今回はみんなお着替えをしてしたので、不思議そうな顔をしながらもいつもと違う雰囲気に少し興奮していました。

お着替えが済んだお友達からイスに座り、保育士から吹き絵の説明を受けました。画用紙にいろいろな色をポタポタと垂らしていき、その水滴にストローで息を思いきり吹きかけて水滴を吹き飛ばしていくのです。

高年齢児のお友達はさすが吹きかける力が強く、きれいに水滴が弾けていき見事な花火を表現することが出来ていました。お友達も「きれいな花火が出来た」と大喜びでした。

低年齢児のお友達はストローはジュースを飲んだりお茶を飲んだりするというイメージがあるようで、息を吹くというのが難しく、吹く力も弱くなかなかきれいに水滴が弾け飛ばず保育士に手伝ってもらいながらがんばっていました。中には水滴をストローを筆みたいにしたり、指で描いたりしているお友達もいて、小さいお友達にはそっちの方が簡単で楽しかったかもしれないですね。



出来上がった花火を乾かしている間にプール遊びをして、手についた絵具を洗濯屋さんごっこをしながらきれいに洗い流していました。

乾いた花火を壁に貼り付けていき小笹長丘保育園の室内にきれいな花火が打ち上がりました。お友達は自分が製作した花火に見とれていました。


みんなとっても上手に出来ましたね。保護者の皆様も朝の登園時や帰りのお迎えの時にお子様の作品を探してぜひ素敵な小笹長丘保育園の花火をご覧になられて下さい。

平尾大楠保育園から

8月に入り毎日暑い日が続いていますね。
せみが「みーんみーん」と毎日鳴いています。
あと1か月も経てばせみの鳴き声も懐かしくおもうことでしょう。

子供たちは春夏秋冬を感じながら成長していっています。春は泣いてばかりいた子供たちも夏になると保育園に慣れて強くなってきました。
子供たちは暑いのにも負けず毎日水遊びや、お歌を歌ったりして大はしゃぎです。
大人の私たちも半分夏バテをしていますが、子供たちの元気な姿を見ると夏バテをしてはいられないと思い
元気に過ごそうと頑張っています。
今日平尾大楠保育園でにがうりをとりました。
毎日水やりを頑張っているとと、シソ、ねぎ、トマト、なすとでき、今日にがうりがやっととれました。

にがうり
にがうり

子供たちは「これなーに?」「にがうりっていうからにがいの?」と不思議そうに聞いています。
にがうりはちょっと子供ににがいかなと思うお母さんも多いと思いますがゴーヤチャンプルーはお子さんでも食べれます。
まず炒める前ににがうりを包丁できって、豆腐や豚肉と炒めて出来上がったらかつお節をたくさんかけるとお子様は
そんなに苦くないと聞きます。

にがうりのはっぱ
にがうりのはっぱ

野菜がいっぱいできるから毎日が子供たちにとって楽しみです。

平尾大楠保育園では平尾大楠保育園に貼っている壁面を先生と子供たちで一緒に作っています。
今の季節は入口に

ひまわりの壁面
ひまわりの壁面

ひまわりの壁面をはっています。子供たちと一緒に制作しました。

そして平尾大楠保育園は2階にありますが1階と2階の間の階段の踊り場に

かにさんの壁面
かにさんの壁面

かにさんの壁面をはっています。

平尾大楠保育園の子供たちはみんな元気で、力つよくたくましいお子さんが多いです。
子供たちの個性が出ているこの壁面をみてほほえましく思います。
ママが保育園に迎えにきて帰るとき子供たちは「これ私がかいたのよ」「ぼくが書いた」とママに教えてあげています。

12日からお盆休みに入ります。

後3日間元気にたのしくすごしましょうね。

小笹長丘保育園から

いよいよ8月に突入して、日に日に暑さが増していき夏がやってきました。

小笹長丘保育園では7月8月の2ヶ月間は暑さ対策(熱中症対策)のため戸外遊びをするのを控えて、代わりにテラスでプール遊びをするようにしています。プールといっても小学校やスイミングスクールのような大きなプールではありません。ご家庭などにもあるビニールプールで水遊びをしています。そんな小さなプールだとみんな飽きてくるのではないかと思われる方もいると思いますが、いえいえとんでもございません。子ども達にとってはプール遊が出来る日は毎日がパラダイスなんです。7月からプール遊びが始まったのですが、梅雨や台風などでプールが出来ない日もあり、毎日朝登園してくると「今日はプール出来る?」とお友達みんなが聞いてきます。プールの準備を始めるとみんな興奮してきてどんどんテンションが上がっていくのです。今回はそんなプール遊びを少し紹介していきます。

まず3歳から5歳の高年齢児のお友達は、みんな本当にプール遊びが大好きで、毎日楽しみにしています。お着替えを一人ですることが出来、自分達でカゴを並べて脱いだ洋服をきちんと畳んでカゴの中に入れていきます。そしてお着替えが終わったお友達からテラスのプールに向かいます。プールに入る前にまずホースの水でおしりと体をきれいに洗います。その水が冷たくてみんな「冷たーい!」と必ず言って、一瞬硬直しています。体を洗ったらいよいよプールに入っていきます。ペットボトルをじょうろにしたりコップやバケツなどいろいろな道具があり、水の掛け合いをしたり、お店屋さんごっこをしたりと本当に楽しそうに遊んでいます。

次に1,2歳児の低年齢児のお友達で、昨年からの在園児のお友達は昨年のプール遊びでは大泣きしてプールを見るだけで泣いていたのに、今年最初のプール遊びのときは大泣きして昨年と一緒かなと思っていたのですが、2回目3回目とプールに入っていくうちに慣れていき、今では自分からプールに入っていき頭から水を掛けたり、お友達と水の掛け合いまでするようになりました。こうしてみると成長しているんだなと改めて感じさせられました。そして今年から入園してきたお友達は、最初は少しプールに入るのを警戒していましたが、プールに入ってしまえば周りのお友達が遊んでいるのを見て、一緒に遊びだしていました。これにはびっくりさせられました。

プール遊びを楽しんで時間がくると順番に上がっていくのですが、みんななかなか上がろうとせず「〇〇ちゃん上がりますよ」と保育士に呼ばれると「まだ入ってたいので違う子にして」と返答してくる子もいて、どんだけプール遊びが好きなんだよと思ってしまいます(笑)

プールから上がるとまたホースの水で体をきれいに洗い流し、最後にもう一度硬直してしまいます。きれいに洗い流した後は高年齢児のお友達はタオルで拭いてお着替えをしていきます。低年齢児のお友達は保育士に拭いてもらいトイレにいってからお着替えを手伝ってもらいます。

こうして夏の暑い日はプール遊びで楽しんでいます。まだまだ8月になったばかりなので、これからもっともっと暑い夏がやってくるのでみんなが大好きなプール遊びをしていき、暑い夏を楽しく過ごしていきたいと思います。

平尾大楠保育園から

こんにちわ。icon_biggrin.gifお久しぶりです。平尾園の園長です。最近ブログの更新が大変遅くなりすみませんでした。icon_redface.gif

明日から8月に入りますね。
7月も今日で終わりです。7月も子供たちにとっては色々なことがありました。

平尾大楠保育園のみんなは元気いっぱいたのしく過ごしています。毎日暑い日がつづいていますが水遊びやみんなでお野菜を植えて育てたり、毎月恒例のみんなが楽しみにしているクッキングなどをして充実した毎日を送っています。icon_biggrin.gif

今は幼稚園が夏休みに入ったのでさらににぎやかになり、大きいお兄ちゃん、お姉ちゃんは1歳、2歳のお友達のお世話をしたり、また1歳、2歳のお友達は大きいお兄ちゃん、お姉ちゃんの真似をしたりしてみんな成長していっています。最近入園したお友達ももう慣れて泣かなくなりみんなの笑顔が見られます。

9月に入ったらまたたくさんのお友達が入園してくる予定です。

子供たちも先生も新しいお友達が入ってくるのを楽しみにしています。

私の保育園の運転手の松田先生が子供たちのために6月ミニトマトや、なす、そしてお花を買ってきてくれました。子供たちは毎日一生懸命「お野菜できてね」といいながら水やりを一生懸命したところトマトができました。?

トマト
トマト

トマトは最初小さいトマトの苗を植えて、黄色いお花が咲いて、青いトマトができて赤くなる過程を子供たちは毎日見ていたので赤いトマトができると大喜びでした。
「トマトができたよ~!みて~!」と子供同士で楽しく話しています。
最近はなすができました。

なす
なす

キッズプレイスでは毎日、ひらがな、数字、お野菜、身近なもの、国旗のフラッシュカードを取り入れています。
すごく子供たちは吸収しものを覚えるのが早いですが、特にお野菜のフラッシュカードは自分たちでお野菜を育てているせいかとっても覚えるのが早いです。

またお給食のお野菜もしっかり食べるようになりました。
嫌いなお野菜も自分たちで一から育てていくからこそ、お野菜ができる過程がわかりお野菜に対しての嫌悪感がなくなってきています。

そして毎年7月、8月の天気の良い日は子供たちの大好きなプールをしています。

水遊び
水遊び

とっても楽しそうですよ。
来月も晴れた日はみんなで水遊びをたのしみましょうね!

そして今月はクッキングでヨーグルトケーキをつくりました。

クッキングの様子
クッキングの様子

クッキングの日は残念ながらお休みのお子さんも何人かいましたが一人ずつかき混ぜたりしてみんなとても集中して一生懸命ケーキをつくりました。icon_biggrin.gif

かき混ぜています。
かき混ぜています。

クッキングを園でするようになり家でよくお手伝いをするようになったというお子さんがいます。
これからもクッキングを続けていきたいと思います。

家ではお母さんとお子さんが一緒にクッキングをすると、お母さんもお子さんも脳が活性化され集中力が芽生えるようですよ。

来月も元気に保育園に通ってくださいね。
来月も沢山思い出をつくりましょうね。icon_biggrin.gif

小笹長丘保育園から

7月に入りましたが、梅雨明けはまだまだで不安定な天気の日が多いですが、日に日に気温は上がり暑くなってきましたね。

7月7日は七夕です。小笹長丘保育園では6月下旬から笹飾りを製作したり、短冊にお願いを書いたりして笹の葉に飾りつけしました。
笹飾りの製作では、高年齢児のお友達はハサミを使い色紙を切ったり、輪を作りみんなでつなげていったりしました。ハサミを上手に使い保育士の見本を見ながらきれいに切っていました。のりでくっつける時上手にしているお友達もいたのですが、中にはのりをたくさんつけ過ぎベタベタになっているお友達もいました(笑)

低年齢児のお友達は保育士が作成した飾りに色付けをしたり、織姫や彦星のぬりえを描いたりしました。色鉛筆を持ちみんな自由に色塗りをしていて、ものすごく集中しているお友達もいました。

笹飾りの製作が終わると、みんなで笹の葉に飾りつけをしました。小笹長丘保育園には外の階段に花壇がありそこに小さな笹が生えています。その笹に飾りつけをしていき、園内には笹の葉の枝を壁に貼り付け飾りつけしていきました。自分で製作した飾りや、お願い事を書いた短冊を好きな場所に飾りつけしていき、高年齢児のお友達は「私のはここにしよう」と話したり、「私のが見えなくなる」とお友達と飾る場所の取り合いをしたりしていました。飾りつけが終わるとみんなで願い事が叶うようにお願いをしました。

今日7月7日はあいにくの空模様で、きれいな星空を眺めるのは少し難しいかもしれませんが、それでも小笹長丘保育園のお友達の願いはきっと叶ってくれると思いますよ。

最後にいつまでもお友達が元気いっぱい幸せでありますように、お願いしたいと思います。

小笹長丘保育園から

5月23日(月)に小笹長丘保育園では5月のお誕生日会を行いました。お誕生者のお友達は2名で、二人とも5月で3歳になるお友達です。

お誕生日会の朝お誕生者のお友達に「今日はお誕生日会だね。みんなにいっぱいお祝してもらおうね」とお話をしていて、お友達も「やったー!」「3歳になるんだよ」とすごくニコニコでお誕生日会が始まるのを楽しみにしていました。お誕生日会の準備でみんなでイスを並べて座り、先生が机やキーボードなど準備して、いよいよお誕生日会の始まりです。

まず、お誕生者のお友達の紹介です。お名前を呼ばれてみんなの前に出てきて、お名前と年齢を教えてもらうことにしました。いつも元気いっぱいで遊んでいるお友達なので、大きな声で答えてくれると思っていました。でも、みんなの前に出てくると、急に顔が固まり緊張してきて恥ずかしそうに下を向いてしまいました。

そして、冠と誕生カードを先生からプレゼントされてさらに恥ずかしそうにしていました(笑)

その後はお友達からハッピー・バースデイ・トゥー・ユーの歌のプレゼントがあり、お誕生者のお友達はみんなの前にいる間は終始緊張していました。そして、最後にみんなで大好きな曲に合わせて体操をしたりダンスをしました。その時はお誕生者のお友達もみんなと一緒に元気に踊っていました。

いつも元気でおしゃべりをよくしているお友達でも、大勢の前に出ると緊張してしまうもんなんですね。でもそんなギャップのある姿がとてもかわいかったです。RちゃんTくん3歳のお誕生日おめでとう。これからも元気いっぱいで保育園に登園してね。

小笹長丘保育園から

5月に入り日に日に暖かくなっていき、とても過ごしやすい気候になってきましたね。そんな中小笹長丘保育園では5月13日(金)に花畑園芸公園で春の遠足を行いました。前日まで天気が悪く激しい雨が降ったりしていて、遠足は延期になるかと心配していましたが、当日はとても良い天気に見舞われ絶好の遠足日和となりました。

保育園を10:00に出発して、移動はタクシーで行きました。到着までの車中ではお友達同士でおしゃべりをしたり、外の景色を眺めたりとみんな興奮していました。保護者の方が5名参加して下さり、到着先で待っていてお友達はさらに興奮して大はしゃぎしていました。

お父さんお母さんと記念撮影

到着してまず芝生広場にブルーシートを敷いて荷物を置き、芝生広場にあるスベリ台や遊具で遊ぶことにしました。いつもの公園と違う遊具にみんな楽しんでいました。20分ぐらい遊んだ後園芸公園の中を探索することにしました。

小さいお友達はベビーカーで移動しました

まず最初に噴水がある池にいきました。残念ながらその日は噴水が出ていませんでしたが、竹ポックリがあったり、記念写真用のパネルがありみんなで撮影会もしました。

竹ポックリに挑戦

次に展望台に上ったのですが、眺めはすごくよく福岡ドームから海の中道まで見ることが出来たのですが、風が強く帽子が飛ばされそうになり、すぐに降りることになりました。それでも子ども達はその強風に驚きながらも大はしゃぎでした。

展望台を降りた後温室ハウスに行きました。トマトの栽培からバナナの木やパイナップルなど普段なかなか見ることの出来ない果物の木や植物に「バナナがある」「パイナップルが生えてる」と大喜びで、温室ハウスをあっちこっちと観察していました。

小さなジャングルに大興奮
パイナップルにビックリ!!

温室ハウスを後にして、段々川に行きみんなで魚や生き物がいないか探したのですが、残念ながら発見は出来ませんでした。

気が付けばお弁当の時間になり、芝生広場に戻りお待ちかねのお弁当タイムとなりました。ブルーシートに座り早く食べたくてしょうがない様子で、「先生早くお弁当配って」と待ちきれないお友達もいました。お母さんの手作り弁当に大興奮しているお友達もいて、やはりいつもと違い外で食べるお弁当はいつもより増しておいしいみたいですね。

お弁当を食べた後、芝生広場でシャボン玉をしたり、ボール遊びをして過ごしました。お友達の中には芝生に寝っころがって日向ぼっこしているお友達もいて、お弁当を食べてお腹いっぱいになり気持ちよさそうにしていました。小さいお友達はベビーカーでお散歩をしていて、気づけばベビーカーでお昼寝をしていました。

まだまだ遊び足りないといった様子でしたが、13:00前にお迎えのタクシーが来て、ここで遠足は終了することになりました。保育園までの帰りの車中では、さっきまであんなに元気だったお友達がみんな静かに目を閉じてコックリコックリとしていました。寝顔はみんな大満足といった顔で寝むっていました。保育園に到着してお昼寝をしましたが、誰一人途中で起きることもなく熟睡していました。よっぽど遊び疲れてたのでしょうね。

遠足にご参加して下さった保護者の皆様本当にありがとうございました。お友達も、お父さんお母さんと手をつないだり、お弁当を食べたりして本当にうれしそうでしたね。保護者のみなさんは子ども達の元気にびっくりされたのではないでしょうか?残念ながら保護者の方が参加されなかったお友達も、青空の下たくさん遊び、おいしいお弁当も食べてとても楽しんでいましたね。本当に楽しい遠足になりました。今後も親子で参加出来る行事をたくさんしていこうと思いますので、その時はぜひご参加下さい。

小笹長丘保育園から

新年度がスタートして1ヶ月が過ぎました。4月から入園してきたお友達も保育園生活に少しずつ慣れてきて、日に日に笑顔が多く見られるようになってきました。在園児のお友達は毎日元気いっぱいで登園してくれている、そんな賑やかな小笹長丘保育園で4月下旬にお誕生日会を行いました。4月のお誕生者は3人いましたが、お誕生日会当日お誕生者の1人がお休みで2人のお友達をみんなでお祝いしてあげました。

最初にお誕生者のお友達に王冠とお誕生カードのプレゼントです。みんなの前にお名前を呼ばれて出てきて少し恥ずかしそうにしていましたが、王冠をかぶりお誕生カードを首に掛けてもらいニコニコ笑顔を見せてくれました。そしてお友達からハッピーバースデーの歌のプレゼンとがあり「おめでとう」とお祝いしてもらい、「ありがとう」と笑顔で答えていました。

そのあと先生にエプロンシアターをしてもらいました。今回のエプロンシアターはいつも見ているのとは少し違いみんなが参加して食べ物クイズや色当てクイズなど一緒になって楽しみました。クイズに正解したお友達には「正解」と大きな拍手があったり、間違えたお友達には「違う違う、それじゃないよ」「こっちこっち」とみんなで教えてあげたりと大興奮でした。

残念ながらお休みでお誕生日会に参加出来なかったお友達もいましたが、また5月のお誕生日会でいっぱい楽しいことをしていくので楽しみにしていてね。

最後に4月のお誕生者のAちゃん、Sくん、Tちゃんお誕生日おめでとう。これからもたくさん成長していく姿を見せて下さい。楽しみにしています。

平尾大楠保育園から

icon_razz.gifゴールデンウイーク前の4月28日平尾大楠保育園で春の遠足がありました。
子供たちは前日から、遠足にわくわくしていました。
でも前日の4月27日は雨で先生も子供たちも「明日だいじょうぶかなあ」と心配していました。

4月28日朝起きると、雲ひとつない天気でした。icon_biggrin.gif
そのため子供たちは朝から嬉しそうでした。icon_eek.gif

平尾大楠保育園で日ごろからよく子供たちと公園に遊びに行きます。
西鉄平尾駅も近いので、よく子供たちと電車を見に行ったりしています。
飛行機もよくとんでいるのを見ます。そのため平尾という地域は乗り物ととても縁があります。
電車を何回も見に行っているので子供たちは「今度電車にのりたい!」といっていました。
その子供たちの要望にこたえて電車にのって貝塚交通公園に遠足に行くことにしました。

保育園から博多駅まではタクシーに乗りました。
タクシーの中でもわーわーみんな楽しそうで、電車にのれるかなとおしゃべりしていました。

博多駅から貝塚駅までは電車で移動しました。
「ピース」をしたりにこにこ笑ったりたのしそうでした。
駅員さんと握手をしたり子供たちは電車にほとんど乗ったことがないのでよい思い出になったと思います。

電車の中で
電車の中で
貝塚駅
貝塚駅

小さい子供たちはベビーカーにのり、大きい子どもたちはあるいて貝塚公園に行きました。
貝塚駅からは公園まで2分で到着しますが子供たちは「はやくつかないかなあ」とそわそわしながらあるいていました。

貝塚交通公園に到着すると本物の飛行機、電車が展示してあって子供たちは「わー飛行機だ」「わー電車だ」
といって乗り物の前で写真を撮りたがっていました。
写真をたくさんとりました。

電車模型の前で
電車模型の前で
飛行機模型の前で
飛行機模型の前で

また飛行機や電車の模型だけでなく遊ぶところも沢山ありました。
こどもたちはお弁当の時間まで休むことなくずっとあそんでいました。

みんなで写真をぱちり
みんなで写真をぱちり

そのためお弁当はみんなのこさずパクパク食べていました。

お弁当の後は、みんなでのりものをみたりしていました。
そんなことをしているうちにこどもたちは遊び疲れたのか眠たくなって
きました。

本当は帰りも余裕があったら電車にのろうとおもいましたがそんな余裕はなかったので
タクシーに乗りました。
タクシーではみんな満足している顔でぐっすり寝ていました。

遊び疲れてぐっすり寝てました。
遊び疲れてぐっすり寝てました。

遠足に参加してくれた子供たち、先生本当におつかえれさまでした。
ありがとうございました。